正見(読み)しょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正見
しょうけん

釈尊が悟りにいたるための正しい実践行として説いた八正道の第1。釈尊教法に関して誤りのない正しい見解,思想。残りの七正道もすべてこの正見を目指す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうけん【正見】

〘仏〙 八正道の一。仏教の真理(四聖諦ししようたい)を自覚して、正しい考えをもつこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐けん シャウ‥【正見】

〘名〙 仏語。八正道の一つ。有、無の偏見をはなれた正しい見解。仏教の正しい道理を自覚した見解。
※栂尾明恵上人遺訓(1238)「正見の者は傍にありと見えたり」 〔勝鬘経‐顛倒真実章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正見の言及

【仏教】より

…(4)道諦(どうたい) この,苦の滅を達成するために実践すべき正しい道で,8項ある(八正道(はつしようどう))。すなわち,(a)正しい物の見方(正見),(b)正しい心のもち方(正思),(c)正しい言葉遣い(正語),(d)正しい行動――不殺生,不偸盗などの戒を守る(正業),(e)正しい生活(正命),(f)正しい努力精進(正精進),(g)正しく教えを憶念する(正念),(h)正しい禅定の修習(正定)。 以上の四諦は苦因→苦,道の実践による苦因の滅→苦の滅という2種の互いに相反する方向の因果関係を含む。…

※「正見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正見の関連情報