コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正阿弥勝義 しょうあみ かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正阿弥勝義 しょうあみ-かつよし

1832-1908 幕末-明治時代の彫金家。
天保(てんぽう)3年3月28日生まれ。備前岡山の正阿弥家の養子となり,9代をつぐ。維新後の廃刀令により刀装用具から金工芸品の制作に転換し,作品は海外でもたかく評価された。明治41年12月19日死去。77歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。本姓は中川。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

正阿弥勝義の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正阿弥勝義の関連情報