コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正阿弥勝義 しょうあみ かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正阿弥勝義 しょうあみ-かつよし

1832-1908 幕末-明治時代の彫金家。
天保(てんぽう)3年3月28日生まれ。備前岡山の正阿弥家の養子となり,9代をつぐ。維新後の廃刀令により刀装用具から金工芸品の制作に転換し,作品は海外でもたかく評価された。明治41年12月19日死去。77歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。本姓は中川。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

正阿弥勝義の関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド国木田独歩おもなお雇い外国人監獄法国木田独歩グリフィス

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正阿弥勝義の関連情報