コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廃刀令 はいとうれい

6件 の用語解説(廃刀令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廃刀令
はいとうれい

1876年3月太政官布告 (→太政官布・達 ) をもって発布された帯刀禁止令のこと。陸軍卿山県有朋の主張に基づく士族の特権廃止方針の一環で,神風連の乱を誘発した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はいとう‐れい〔ハイタウ‐〕【廃刀令】

大礼服着用者・軍人・警察官にのみ帯刀を認め、士族などの帯刀を禁止した法令。明治9年(1876)公布。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

廃刀令【はいとうれい】

1876年軍人,警察官,官吏などや大礼服着用者以外の帯刀を禁じた太政官布告。1870年の庶民の帯刀禁止,1871年の散髪脱刀令を経て発令され,士族などの帯刀を禁止した。
→関連項目海野勝【みん】士族反乱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいとうれい【廃刀令】

明治初年に士族の帯刀を禁止した法令。1876年3月28日太政官布告38号で,大礼服着用の時および軍人・警察官の制服着用の時以外の帯刀を禁じたもの。豊臣秀吉の刀狩り以来庶民の武装は禁止される一方で帯刀は武士のみに許されたため,近世を通じて武士の特権的意識の象徴となり,刀は武士の魂とまでいわれるようになった。なお,農工商は一定の功績により名主・庄屋などが苗字や帯刀を許されることはあった。維新後廃刀論がおこり1869年(明治2)には公議所で森有礼が官吏軍人以外の廃刀を提案,これは否決されたが70年12月庶民の帯刀が禁止され,71年8月には散髪脱刀令が公布された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はいとうれい【廃刀令】

1876年(明治9)、大礼服着用者・軍人・警官以外の帯刀を禁止した法令。これで特権を奪われた不平士族の中には、反乱を起こす者が現れた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

廃刀令の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廃刀令の関連情報