コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武富廉斎 たけどみ れんさい

1件 の用語解説(武富廉斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武富廉斎 たけどみ-れんさい

1637-1718 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永14年生まれ。肥前佐賀藩の御用商人。京都で中村惕斎(てきさい)にまなび,藤井懶斎(らんさい),米川操軒,伊藤仁斎らとまじわる。藩の許可をえて元禄(げんろく)5年大財(おおたから)聖堂を建立し子弟の教育にあたった。享保(きょうほう)3年1月26日死去。82歳。名は咸亮。字(あざな)は伯通。通称は市郎右衛門。別号に竹翁,琴翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

武富廉斎の関連キーワード常行岡井黄陵小瀬復庵狩野安仙狩野寿石香田正宣佐保介我太兵衛中堀僖庵藤掛寿木

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone