コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武富廉斎 たけどみ れんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武富廉斎 たけどみ-れんさい

1637-1718 江戸時代前期-中期の儒者。
寛永14年生まれ。肥前佐賀藩の御用商人。京都で中村惕斎(てきさい)にまなび,藤井懶斎(らんさい),米川操軒,伊藤仁斎らとまじわる。藩の許可をえて元禄(げんろく)5年大財(おおたから)聖堂を建立し子弟の教育にあたった。享保(きょうほう)3年1月26日死去。82歳。名は咸亮。字(あざな)は伯通。通称は市郎右衛門。別号に竹翁,琴翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武富廉斎の関連キーワードマストリリデカルト安保理決議1695と1718コルネイユ(Pierre Corneille)島原・天草一揆ル・シッド祐天祐天祐天祐天

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone