コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村惕斎 ナカムラテキサイ

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐てきさい【中村惕斎】

[1629~1702]江戸前期の儒学者。京都の人。名は之欽。朱子学を奉じ、伊藤仁斎と並び称された。著「四書示蒙句解」「訓蒙図彙」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村惕斎 なかむら-てきさい

1629-1702 江戸時代前期の儒者。
寛永6年2月9日生まれ。独学で朱子学をおさめ,天文地理,度量衡から音律にまで精通する。伊藤仁斎(じんさい)とならび称されたが,生涯仕官しなかった。元禄(げんろく)15年7月26日死去。74歳。京都出身。名は之欽(しきん)。字(あざな)は敬甫。通称は七左衛門,仲二郎。著作に「四書示蒙句解(じもうくげ)」,編著に「訓蒙図彙(きんもうずい)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なかむらてきさい【中村惕斎】

1629~1702) 江戸前期の儒学者・本草学者。名は之欽、字あざなは敬甫、通称仲二郎。独学で朱子学をきわめ、百科全書的な動植物図鑑「訓蒙図彙」を著した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村
なかむらてきさい
(1629―1702)

京師(京都)の人。江戸前期の程朱(ていしゅ)学派の儒者。名は之欽(しきん)、字(あざな)は敬甫(けいほ)、通称は七左衛門、のち仲二郎と称した。斎はその号。その出自はつまびらかにすることができないが、その学問人格が古義堂の伊藤仁斎(いとうじんさい)と並び称せられたように、商家の人と推定される。商人の間で成長しながら寡欲で財利や功名に無関心で、物価や世俗にも疎く、俗世間との交渉を絶ってもっぱら自学自習に努めた。その学問は程朱学であるが、師承もなく篤実(とくじつ)な道徳を身上とした。『四書示蒙句解(ししょじもうくげ)』27巻はその主著である。博学をもって知られ、天文地理、尺度量衡、音律(いんりつ)、礼等の著作をはじめ、その著書は80部にも及ぶ。京都の朱子学派と同様に、朱熹(しゅき)(朱子)の性理学に忠実であるとともに考証的な研究にも長じた。のち徳島藩の儒官を務めた。篤実な学問と人格において仁斎に匹敵するが、著書とその博学において仁斎を超える。[今中寛司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

中村惕斎 (なかむらてきさい)

生年月日:1629年2月9日
江戸時代前期;中期の朱子学者
1702年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の中村惕斎の言及

【絵本】より

…やがて印刷が始まり,衆に先がけて京都の角倉了以が本阿弥光悦とともに,いわゆる嵯峨本を刊行し(1608),その挿絵は以後の印刷本の見本になった。ヨーロッパでコメニウスが教育的図鑑《世界図絵》(1658)を出版したのにややおくれて,京都の儒者中村惕斎(てきさい)は同様の考えから《人倫訓蒙図彙(きんもうずい)》(1666)を著し,多くの追随者を生んだ。そのころから江戸では出版が盛んになり,やがて赤表紙をつけた子ども相手の5~6枚の中本や小本が現れた。…

※「中村惕斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村惕斎の関連キーワード小原大丈軒臼田畏斎貝原益軒生年月日遊佐木斎市浦毅斎武富廉斎増田立軒中期中村儒者

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android