コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川操軒 よねかわ そうけん

1件 の用語解説(米川操軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川操軒 よねかわ-そうけん

1626-1678 江戸時代前期の儒者。
寛永3年生まれ。三宅寄斎(みやけ-きさい)に師事,のち中江藤樹の門で陽明学をまなぶが,朱子学にもどる。親交のあった伊藤仁斎(じんさい)が古学を提唱すると絶交した。40歳で隠棲(いんせい)。延宝6年8月19日死去。53歳。大和(奈良県)出身。名は一貞。字(あざな)は幹叔。通称は儀兵衛。著作に「敬斎箴学規諺解(けいさいしんがつきげんかい)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米川操軒の関連キーワード畠山箕山卍元師蛮弩爾哈斉今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone