コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川操軒 よねかわ そうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川操軒 よねかわ-そうけん

1626-1678 江戸時代前期の儒者。
寛永3年生まれ。三宅寄斎(みやけ-きさい)に師事,のち中江藤樹の門で陽明学をまなぶが,朱子学にもどる。親交のあった伊藤仁斎(じんさい)が古学を提唱すると絶交した。40歳で隠棲(いんせい)。延宝6年8月19日死去。53歳。大和(奈良県)出身。名は一貞。字(あざな)は幹叔。通称は儀兵衛。著作に「敬斎箴学規諺解(けいさいしんがつきげんかい)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

米川操軒 (よねかわそうけん)

生年月日:1627年10月24日
江戸時代前期の儒学者
1678年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

米川操軒の関連キーワード小原大丈軒武富廉斎遊佐木斎市浦毅斎生年月日南学伝儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android