コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武市富子 たけち とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武市富子 たけち-とみこ

1830-1917 幕末-大正時代の女性。
天保(てんぽう)元年生まれ。武市瑞山の妻。文久3年瑞山が投獄されたとき,獄中の夫や門下生をおもい,みずから板の間で寝,厳寒の夜もふとんをかさねなかった。のち養子半太をむかえ,東京にすみ,明治45年高知にもどった。大正6年4月23日死去。88歳。土佐(高知県)出身。本姓島村

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武市富子の関連キーワード大正時代島村雅事天保