コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢口 カンコウ

百科事典マイペディアの解説

漢口【かんこう】

武漢

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんこう【漢口 Hàn kŏu】

中国,湖北省東部の大都市。武昌,漢陽とともに武漢市を形成し,いわゆる武漢三鎮の一つである。漢水が長江(揚子江)に流入する北岸に位置する。漢口の名は4,5世紀ころから現れるが,当時は今の漢陽をさしていたらしい。この地は漢水と長江の交わる地点に存在するので,古くから交通の要衝と目されたが,もともと沼沢地であったので農耕に適さず,都市としての発達はずっとおくれた。しかし16世紀になって漢口鎮としての都市的基礎が固まると急速に発展し,明末・清初には中国四大鎮(朱仙鎮景徳鎮仏山鎮)の一つに数えられるに至った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんこう【漢口】

中国、湖北省武漢市の一地区。もと独立の都市。ハンコウ。 → 武漢

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢口
かんこう

ハンコウ(漢口)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢口
かんこう / ハンコウ

中国、湖北(こほく/フーペイ)省東部、武漢(ぶかん/ウーハン)市の北部地区。もと武昌(ぶしょう/ウーチャン)、漢陽(かんよう/ハンヤン)とともに武漢三鎮とよばれた。漢口は長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))に支流漢水(かんすい/ハンショイ)が流れ込む合流点にあたり、水陸ともに交通が便利で、「九省之会」(9省からのルートの集まる所)とよばれた。武昌、漢陽に比べると都市化が遅れたが、明(みん)、清(しん)代には仏山鎮(ぶつざんちん/フォーシャンチェン)、朱仙鎮(しゅせんちん/チューシエンチェン)、景徳鎮(けいとくちん/チントーチェン)と並んで四大鎮の一つとされ、商業が盛んであった。旧名は夏口、漢皋(かんこう)ともよばれ、江夏県に属していた。アヘン戦争以後列強の長江流域に対する経済支配の拠点とされ、一時租界もつくられた。1949年武昌、漢陽と合併して武漢市となった。京広鉄道が通じ、また増水期には長江は漢口まで1万トン級の汽船も溯航(そこう)できるので、現在も水陸交通の要衝となっている。武漢第二長江大橋が長江を横断して架けられている。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漢口の言及

【武漢】より

…人口449万(1994),面積2746km2。長江(揚子江)と漢江の合流点に位置し,武昌,漢陽,漢口の3都市を合併して成った。古くはこの三つを併せて武漢三鎮と称され,交通の要衝でもあったので群雄必争の地となった。…

※「漢口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漢口の関連キーワード汎太平洋労働組合会議阿部守太郎暗殺事件日中戦争での航空戦京漢鉄道ストライキ東亜興業株式会社大間知 芳之助岡部 直三郎一色 忠慈郎伊東 隆治田島利三郎柴山兼四郎張鼓峰事件岡 幸七郎池田寅治郎デュピュイ五十嵐秀助一色忠慈郎中村克郎岡村寧次中島鋭治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢口の関連情報