コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信時 たけだ のぶとき

2件 の用語解説(武田信時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信時 たけだ-のぶとき

?-1289 鎌倉時代の武将。
武田信政の子。安芸(あき)(広島県)守護となり,文永11年蒙古襲来の際,安芸の武士の指揮にあたった。正応(しょうおう)2年2月9日死去。通称は五郎次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武田信時

没年:正応2.2.9(1289.3.2)
生年:生年不詳
鎌倉中期の武将。甲斐源氏信政の子。伊予守。安芸国(広島県)守護。文永11(1274)年の蒙古襲来に際し,幕命により安芸国に下り,以後在国して国内武士の指揮統率に当たる。<参考文献>佐藤進一『増訂鎌倉幕府守護制度の研究』

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の武田信時の言及

【安芸国】より

…旧国名。芸州。現在の広島県西半部。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。7世紀中ごろまでこの地域は阿岐国造の勢力下にあったが,律令体制が整備されると安芸国がつくられ,698年(文武2)には安芸国という国名がみえる(《続日本紀》)。国府は,9世紀後期ごろには安芸郡にあったといい,現安芸郡府中町に所在したことがわかるが,律令制当初から安芸郡にあったのか,それとも国分寺・国分尼寺の遺跡がある賀茂郡の西条盆地にあったのかは,結論が出ていない。…

※「武田信時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武田信時の関連キーワード一遍久明親王辛子明太子一遍三国遺事謝枋得頓阿亀山天皇郷歌三国遺事

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone