コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信賢 たけだ のぶかた

2件 の用語解説(武田信賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信賢 たけだ-のぶかた

1420-1471 室町時代の武将。
応永27年生まれ。武田信繁の次男。永享12年兄信栄(のぶひで)の急死により若狭(わかさ)(福井県)守護職をつぐ。嘉吉(かきつ)の乱で赤松氏追討に功をたて,応仁(おうにん)の乱では細川勝元の東軍に属した。京都の邸宅で歌会をひらき,清巌正徹(せいがん-しょうてつ)らとまじわるなど文芸をこのんだ。文明3年6月2日死去。52歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田信賢

没年:文明3.6.2(1471.6.20)
生年:応永27(1420)
室町時代の武将。信繁の次男,母は武田信春の娘。治部少輔,のち大膳大夫。永享12(1440)年,兄信栄の死により家督および若狭(福井県)守護職を継ぐが,この職は信栄が将軍足利義教の命で一色義貫を謀殺した功で得たものであった。そのため一色氏牢人が徳政一揆と結んでしばしば蜂起するが,よくこれをしのいだ。文安1(1444)年に半済の実施を幕府から認められ,父が在国して支配していた本国安芸(広島県)から国人を移すなどして若狭武田氏の基礎を築いた。応仁の乱では細川勝元率いる東軍に属して奮戦したが,乱の最中に病死。法号の大通寺殿大人は7尺9寸(2m39cm)の長身にちなむという。京都の邸宅では定例の歌会を催していた。<参考文献>『小浜市史/通史編』上

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武田信賢の関連キーワード武田信実(2)武田信繁武田信忠武田信親武田信豊武田信長(1)武田信長(2)武田信春武田元綱馬場信春(2)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone