武田信繁(読み)たけだ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信繁 たけだ-のぶしげ

1525-1561 戦国時代の武将。
大永(たいえい)5年生まれ。武田信虎の次男。父の寵愛(ちょうあい)をうけたが,兄信玄につかえ,父の追放後も信玄を補佐。永禄(えいろく)元年「武田信繁家訓」を嫡子信豊にあたえた。永禄4年9月10日川中島の戦いで戦死。37歳。通称は次郎,左馬助,古典厩。
【格言など】何事につけても,つねに堪忍の二字を忘れてはならぬ(「武田信繁家訓」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android