コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田元光 たけだ もとみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田元光 たけだ-もとみつ

1494-1551 戦国時代の武将。
明応3年生まれ。武田元信の子。永正(えいしょう)16年若狭(わかさ)(福井県)守護職をつぎ,小浜(おばま)に後瀬山(のちせやま)城をきずく。大永(たいえい)7年細川高国の要請により京都で三好勝永,柳本賢治(かたはる)らの軍とたたかったが敗れた。天文(てんぶん)20年8月死去。58歳。号は宗勝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の武田元光の言及

【小浜[市]】より

…1440年(永享12)将軍義教の命で一色義貫を討った武田信栄が,かわって守護となってのちは,元明の代に越前朝倉氏の侵攻によって滅亡するまで武田氏の支配が続いた。一色氏時代以来守護所は西津にあったが,1522年(大永2)武田元光は後瀬(のちせ)山に築城,山麓に居館を構えてここに移った。武田氏歴代は皇室,幕府と緊密な関係を維持し,室町期には皇室領となっていた小浜からの供御料の進献につとめ,また幕府の命に応じてしばしば兵を上洛させ,各地に転戦した。…

※「武田元光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武田元光の関連キーワード武田信実(1)後瀬山城跡後柏原天皇日野内光後瀬山城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武田元光の関連情報