コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田敬孝 たけだ ゆきたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田敬孝 たけだ-ゆきたか

1820-1886 幕末-明治時代の儒者。
文政3年2月4日生まれ。武田成章(なりあき)の兄。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)藩の儒官。藩校明倫堂でまなび,江戸に遊学して大橋訥庵(とつあん)に師事。のち明倫堂教授,藩主侍講となる。幕末の京都で尊王諸藩との連携に尽力。明治維新後は宮内省につとめた。明治19年2月7日死去。67歳。通称は亀五郎。号は韜軒,熟軒など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武田敬孝の関連キーワード明治時代武田鶯塘矢野直道儒者