コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田成章 たけだ なりあき

2件 の用語解説(武田成章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田成章 たけだ-なりあき

1827-1880 幕末-明治時代の兵学者。
文政10年9月15日生まれ。緒方洪庵,佐久間象山(しょうざん)らに蘭学や兵学をまなぶ。幕府に出仕して箱館で五稜郭(ごりょうかく)の築城や洋学の教授にあたり,のち開成所教授,砲兵頭となる。維新後は兵部省にはいり,士官学校教授,陸軍幼年学校長などを歴任。陸軍大佐。明治13年1月28日死去。54歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。通称は斐三郎。号は竹塘。著作に「三浦見聞志」「黒竜江記事」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけだなりあき【武田成章】

1827‐80(文政10‐明治13)
幕末から明治初年の開明的兵学者。名は斐,通称斐三郎(あやさぶろう)。伊予大洲に生まれ,緒方洪庵門,伊東玄朴門等で苦学。洋学に通じ,のち兵学に関心を移し佐久間象山とも親交,砲台や溶鉱炉の技術に明るかった。1854年(安政1)より松前藩にて出仕,五稜郭の築城に尽力し,また再三北海沿海を航海し北辺防備のための事情視察に努めた。その後幕府より開成所教授職扱,銃砲鋳造所主任,砲兵頭等に抜擢(ばつてき)され,武官として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武田成章の関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング安達喜幸武田斐三郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone