コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田成章 たけだ なりあき

2件 の用語解説(武田成章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田成章 たけだ-なりあき

1827-1880 幕末-明治時代の兵学者。
文政10年9月15日生まれ。緒方洪庵,佐久間象山(しょうざん)らに蘭学や兵学をまなぶ。幕府に出仕して箱館で五稜郭(ごりょうかく)の築城や洋学の教授にあたり,のち開成所教授,砲兵頭となる。維新後は兵部省にはいり,士官学校教授,陸軍幼年学校長などを歴任。陸軍大佐。明治13年1月28日死去。54歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。通称は斐三郎。号は竹塘。著作に「三浦見聞志」「黒竜江記事」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たけだなりあき【武田成章】

1827‐80(文政10‐明治13)
幕末から明治初年の開明的兵学者。名は斐,通称斐三郎(あやさぶろう)。伊予大洲に生まれ,緒方洪庵門,伊東玄朴門等で苦学。洋学に通じ,のち兵学に関心を移し佐久間象山とも親交,砲台や溶鉱炉の技術に明るかった。1854年(安政1)より松前藩にて出仕,五稜郭の築城に尽力し,また再三北海沿海を航海し北辺防備のための事情視察に努めた。その後幕府より開成所教授職扱,銃砲鋳造所主任,砲兵頭等に抜擢(ばつてき)され,武官として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武田成章の関連キーワード岸鶴汀副島義高祖苗原田一道真木水竹村上代三郎室桜関山内林斎養老滝五郎横川好

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone