武田甚左衛門(読み)たけだ じんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田甚左衛門 たけだ-じんざえもん

1771-1838 江戸時代後期の商人。
明和8年生まれ。寛政11年正札・現金売りの呉服店金木(かなぎ)屋を陸奥(むつ)弘前(ひろさき)(青森県)に開店。天保(てんぽう)年間には養蚕場と織物工場をつくり,生産から販売の一貫経営にのりだした。天保9年死去。68歳。陸奥津軽郡(青森県)出身。通称ははじめ嘉七。著作に「養蚕録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android