コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田百合子 たけだ ゆりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田百合子 たけだ-ゆりこ

1925-1993 昭和後期-平成時代の随筆家。
大正14年9月25日生まれ。昭和26年武田泰淳(たいじゅん)と結婚。泰淳の死後,夫との生活をしるした「富士日記」で,51年田村俊子賞を受賞。55年「犬が星見た―ロシア旅行」で読売文学賞随筆・紀行賞をうけた。平成5年5月27日死去。67歳。神奈川県出身。横浜第二高女卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉の解説

たけだ‐ゆりこ【武田百合子】

[1925~1993]随筆家。神奈川の生まれ。夫は作家の武田泰淳。夫の死後、富士山荘での二人の生活を綴(つづ)った「富士日記」を発表し、田村俊子賞受賞。他に「犬が星見た」「ことばの食卓」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

武田百合子の関連キーワード武田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武田百合子の関連情報