コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵嵐山(読み)むさしらんざん

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕武蔵嵐山(むさしらんざん)


埼玉県中央部、比企(ひき)郡ときがわ町と嵐山町の境付近にある景勝地。槻(つき)川が大きく蛇行する一帯をいう。嵐山渓谷ともいう。京都の嵐山(あらしやま)になぞらえた称。付近には菅谷(すがや)館跡など鎌倉武士ゆかりの史跡が多く、秋は紅葉の名所。東約2kmに国立婦人教育会館・県立歴史資料館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武蔵嵐山
むさしらんざん

埼玉県中部、比企(ひき)郡嵐山町にある名勝地。都幾(とき)川と槻(つき)川の合流点約2キロメートル上流は渓谷を形成している。このあたりで槻川は大きく蛇行し、比企丘陵を深く掘り込む。清流と四季折々の自然が美しく、京都の嵐山(あらしやま)に似ているのでこの名がついた。近くには畠山重忠(はたけやましげただ)の菅谷館(すがややかた)跡や、県立嵐山史跡の博物館、国立女性教育会館(NWEC)などがある。東武東上線の武蔵嵐山駅がある。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の武蔵嵐山の言及

【嵐山[町]】より

…比企北丘陵の西部を占め,町域の南部を槻川,都幾川が東流する。槻川が結晶片岩の岩盤を刻んでつくる穿入蛇行谷は京都の嵐山に似た景勝地で,武蔵嵐山と呼ばれる。中心集落の菅谷は中世には鎌倉街道に沿う交通の要衝で,畠山重忠の居城菅谷館跡(史)がある。…

※「武蔵嵐山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武蔵嵐山の関連情報