コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都幾川 ときがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都幾川
ときがわ

埼玉県中部,ときがわ町南西部の旧村域。秩父山地東麓にある。 1955年平村,明覚村,大椚村の3村が合体して都幾川村が成立。 2006年玉川村と合体してときがわ町となった。中央を東流する都幾川の谷に集落があり,米作,野菜栽培,畜産,養鶏,製材業が行なわれる。西部の西平には国宝の経文や国の重要文化財の開山塔・銅鐘などを所蔵する名刹慈光寺がある。 1962年堂平山頂上に東京天文台堂平観測所が設置された (2000年閉所) 。全域が黒山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都幾川
ときがわ

埼玉県中部、比企(ひき)郡にあった旧村名(都幾川村(むら))。現在は比企郡ときがわ町の南西部を占める地域。1955年(昭和30)明覚(みょうかく)、平(たいら)、秩父(ちちぶ)郡大椚(おおくぬぎ)の3村が合併して都幾川村が成立。2006年(平成18)比企郡玉川(たまがわ)村と合併して町制施行、ときがわ町となる。地名は中央を東流する都幾川にちなむ。秩父山地と比企丘陵よりなる。旧村域の東端をJR八高(はちこう)線が南北に通じ、明覚(みょうかく)駅がある。伝統をもつ建具工業が盛んである。慈光(じこう)寺は都幾山の中腹にある天台宗の寺で、673年(天武天皇2)の開基といわれ、国宝紙本法華経一品経(しほんほけきょういっぽんきょう)ほか、開山塔、銅鐘など国の重要文化財があり、宝物殿に収められている。萩日吉(はぎひよし)神社で3年に一度行われる流鏑馬(やぶさめ)神事は県選択無形民俗文化財になっている。[中山正民]
『『都幾川村史』全3巻(1999~2001・都幾川村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

都幾川の関連キーワード埼玉県比企郡ときがわ町玉川(埼玉県の旧町名)木のむらキャンプ場ときがわ(町)ときがわ[町]都幾川〈村〉都幾川[村]嵐山[町]玉川[村]比企丘陵菅谷館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都幾川の関連情報