比企丘陵(読み)ひききゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比企丘陵
ひききゅうりょう

埼玉県中部,関東山地東麓,高麗川以北に広がる丘陵越辺川(おっぺがわ)支流の槻川(つきかわ)によって,北比企丘陵と南比企丘陵とに分けられる。標高はいずれも西部は 180m程度であるが東ほど低くなり,東部では 80m程度で,沖積地とは 50~60mの比高をなす。表面は砂礫層であるが,中心部分は新第三紀中新世礫岩泥岩凝灰岩などからなる。浸食谷にはため池が多く,谷底は水田となっている。岩殿山,吉見百穴など史跡が多く,比企丘陵県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比企丘陵
ひききゅうりょう

埼玉県中央部、比企郡中部から東松山市にかけて広がる丘陵。秩父(ちちぶ)山地東麓(ろく)にあり、同山地とは八王子構造線によって、さらに東部は越辺(おっぺ)川の支流都幾川によって北比企丘陵と南比企丘陵に分かれる。高度60~100メートルの第三紀中新世の地層で、丘陵面は多くの河川によって侵食され、丘陵内には溜池(ためいけ)が散在し、谷底は水田に利用されている。古代の窯跡や古墳が多く、吉見百穴(よしみひゃくあな)を中心に県立比企丘陵自然公園に指定されている。また、丘陵内に武蔵(むさし)丘陵森林公園をはじめ、ゴルフ場などがある。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の比企丘陵の言及

【関東平野】より

… 台地,低地のほかにとくに西縁部と北縁部に丘陵地が分布する。淘綾(ゆるぎ)(大磯)丘陵多摩丘陵狭山丘陵,飯能丘陵,比企丘陵,児玉丘陵,富岡丘陵などが南西から北にならび,北縁部には喜連川丘陵がある。いずれも第三系中新統,鮮新統の水成岩層の浸食面か,旧期洪積層の堆積面が細密な谷によって開析されて生じた地形で,標高300mをこえない。…

※「比企丘陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比企丘陵の関連情報