コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵権太夫 むさし ごんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武蔵権太夫 むさし-ごんだゆう

?-? 江戸時代前期-中期の説経浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天満八太夫の門弟。天和(てんな)のころから江戸堺町の天満座でワキ語りをつとめ,元禄(げんろく)期には立者として活躍した。正徳(しょうとく)(1711-16)の初年に森田座に出演したが,その後の活動は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の武蔵権太夫の言及

【五大力菩薩】より

…説経節の曲名。武蔵権太夫の正本で元禄(1688‐1704)後期の成立。六段構成。…

※「武蔵権太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone