コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤平道 むとう ひらみち

1件 の用語解説(武藤平道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤平道 むとう-ひらみち

1778-1830 江戸時代後期の国学者。
安永7年5月23日生まれ。武藤致和(むねかず)の長男。土佐高知城下の豪商で,屋号は美濃屋。今村虎成,本居大平(もとおり-おおひら)らにまなぶ。父の「南路志」編修をたすけ,稲毛実と郷土史「土佐国探古録」などを共編した。文政13年閏(うるう)3月10日死去。53歳。通称は忠五郎。号は敏屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武藤平道の関連キーワード市川団十郎民衆を導く自由の女神市川春琳パリのパンテオン長崎画人伝国友藤兵衛ハミルトン中村歌右衛門科学史シャルル

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone