コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤資頼 むとう すけより

朝日日本歴史人物事典の解説

武藤資頼

没年:安貞2.8.25(1228.9.24)
生年:永暦1(1160)
鎌倉初期の大宰少弐筑前,豊前,肥前,対馬各国守護。頼平の子。小次郎,筑後守。武藤氏は武蔵国を本貫地とする武士で,初めは平氏の家人であったが,のちに源頼朝の家人となり,建久2(1191)年1月には平盛時と共に伊勢,志摩両国の平家没官領を巡検している。6年に九州に下向し,天野遠景に代わって鎮西を奉行していたが,嘉禄2(1226)年に大宰少弐に任ぜられ,その権限を利用して,全九州におよぶ統治権を行使した。法名覚仏。<参考文献>佐藤進一『鎌倉幕府訴訟制度の研究』,川添昭二『九州中世史の研究』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むとうすけより【武藤資頼】

鎌倉時代初期の武士。生没年不詳。筑前守,法名覚仏。本貫地は武蔵国で,平氏の家人であったが,のちに源頼朝の側近として重用され,建久年間(1190‐99)九州に下向して筑前,豊前,肥前,対馬,壱岐の各国守護を兼帯。1226年(嘉禄2)大宰少弐に任ぜられ,大宰府が鎮西に有した権限を活用して,鎌倉幕府の鎮西統治の拡大強化に努めた。この間27年(安貞1)高麗国を犯した対馬国の悪徒90人を捕らえて,高麗使の面前で斬首した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の武藤資頼の言及

【少弐氏】より

…鎌倉時代から戦国時代にかけて九州で活躍した武家。元来武蔵国の出身で武藤氏を称したが,鎌倉時代の初め,武藤資頼(すけより)が鎮西奉行として九州に下向し,大宰府に居を構えて代々大宰少弐を世襲したため,少弐氏と称された。資頼は筑前,豊前,肥前,壱岐,対馬の守護を兼ね,その後資能,経資,盛経,貞経と続いた。…

【武藤氏】より

…本貫地は武蔵国。平家の家人であったが,源頼朝の挙兵の際,武藤資頼(すけより)が馳せ参じ,以後頼朝側近の武士として重用され,九州に下向して大宰少弐,筑前,豊前,肥前,対馬,壱岐各国守護に任命され,鎌倉幕府の鎮西統治の推進に貢献した。代々大宰少弐を世襲したところから,鎌倉時代末期には少弐氏を名のるようになった。…

※「武藤資頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武藤資頼の関連キーワード少弐資頼鎮西奉行少弐資能筑前国少弐氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android