少弐資頼(読み)しょうに すけより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

少弐資頼 しょうに-すけより

1160-1228 平安後期-鎌倉時代の武将。
永暦(えいりゃく)元年生まれ。武蔵(むさし)の人。はじめ武藤を称し,源平争乱では平家にくみしたが,のち源頼朝の家人となる。建久のころに筑前(ちくぜん),豊前(ぶぜん),肥前などの守護をかね,また大宰(だざいの)少弐に任じられて,鎌倉幕府の鎮西支配の確立と強化につとめた。安貞2年8月25日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android