コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武見日恕 たけみ にちじょ

1件 の用語解説(武見日恕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武見日恕 たけみ-にちじょ

1853-1917 明治-大正時代の僧。
嘉永(かえい)6年10月2日生まれ。日蓮宗下総(しもうさ)飯高檀林(千葉県)でまなんだのち,吉川日鑑に師事。明治7年師にしたがい身延山にのぼる。19年東京妙法寺住職,大正5年千葉県妙覚寺住職となる。宗門内の教育と布教につくした。大正6年7月3日死去。65歳。越後(えちご)(新潟県)出身。字(あざな)は潮郁。号は深厚院。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武見日恕の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車徳川家慶三菱A型文学革命コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone