コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙覚寺 ミョウカクジ

デジタル大辞泉の解説

みょうかく‐じ〔メウカク‐〕【妙覚寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号は、具足山。開創天授4=永和4年(1378)。開山は日実。開基は小野妙覚。四条大宮の妙覚の邸宅を寺としたのが始まりで、天正11年(1583)現在地に移転。近世初頭には不受不施派の拠点となった。
岡山市御津金川(みつかながわ)にある日蓮宗不受不施派の本山。山号は、竜華山。幕末以来、不受不施派の再興運動を続けてきた日正が、明治9年(1876)日像を開山として建立したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

妙覚寺【みょうかくじ】

岡山県御津(みつ)町(現・岡山市)にある日蓮宗不受不施(ふじゅふせ)派の祖山。不受不施派は江戸時代幕府から弾圧されたが,岡山藩においても度々弾圧を受けた。しかしその都度粘り強く抵抗し,1882年に悲願の再興の公許を得,もと不受不施派の京都妙覚寺の寺号を継いだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうかくじ【妙覚寺】

(1)京都市上京区にある日蓮宗の寺。具足山と号し,京都日蓮宗16本山の一つ。妙顕寺から分かれた日実が,1378年(天授4∥永和4)創建。絵師の狩野,彫金の後藤,製陶の楽(らく)など有力町衆信徒を獲得して近世に至った。寺地洛中を転々としたが,1583年(天正11)豊臣秀吉の洛中整理で現地に移った。寺地の広さは洛中では東寺・相国寺・妙顕寺につぎ,地方末寺も多く,寺勢の強大さが知れる。江戸初期,住持日奥が幕府の弾圧にも屈せず不受不施の宗義を説き,受不施派の身延山と対立,1630年(寛永7)の身池対論(しんちたいろん)まで不受不施派の拠点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みょうかくじ【妙覚寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号、具足山。1378年日実の開基。日奥が出て不受不施派の根拠地となった。
岡山県岡山市御津にある日蓮宗不受不施派の本山。山号、竜華山。1309年日像の開基。中祖の日奥の時、不受不施主義を主張、徳川幕府によって弾圧された。1876年(明治9)、再興された本派の祖山となった。
千葉県勝浦市興津にある日蓮宗の寺。山号、広栄山。1264年佐久間重貞の建立。開山は日蓮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の妙覚寺の言及

【日奥】より

…京都町衆の子。10歳のとき,京都日蓮宗十六本山の一つ妙覚寺の住持日典のもとに入門。字は教英,はじめ安国房日甄(につせん),のち安国院また仏性院と号し,日奥と改名。…

※「妙覚寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

妙覚寺の関連キーワード日蓮宗不受不施派妙覚寺(千葉県)千葉県勝浦市興津興津(千葉県)日尭(2)武見 日恕長谷川等伯斎藤道三赤木日正味方但馬後藤光乗常寂光寺狩野孝信武見日恕織田信忠田中智学十訓抄根本寺聚楽第斎藤氏

妙覚寺の関連情報