コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙覚寺 ミョウカクジ

4件 の用語解説(妙覚寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みょうかく‐じ〔メウカク‐〕【妙覚寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号は、具足山。開創は天授4=永和4年(1378)。開山は日実。開基は小野妙覚。四条大宮の妙覚の邸宅を寺としたのが始まりで、天正11年(1583)現在地に移転。近世初頭には不受不施派の拠点となった。
岡山市御津金川(みつかながわ)にある日蓮宗不受不施派の本山。山号は、竜華山。幕末以来、不受不施派の再興運動を続けてきた日正が、明治9年(1876)日像を開山として建立したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

妙覚寺【みょうかくじ】

岡山県御津(みつ)町(現・岡山市)にある日蓮宗不受不施(ふじゅふせ)派の祖山。不受不施派江戸時代幕府から弾圧されたが,岡山藩においても度々弾圧を受けた。しかしその都度粘り強く抵抗し,1882年に悲願の再興の公許を得,もと不受不施派の京都妙覚寺の寺号を継いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうかくじ【妙覚寺】

(1)京都市上京区にある日蓮宗の寺。具足山と号し,京都日蓮宗16本山の一つ。妙顕寺から分かれた日実が,1378年(天授4∥永和4)創建。絵師の狩野,彫金の後藤,製陶の楽(らく)など有力町衆信徒を獲得して近世に至った。寺地は洛中を転々としたが,1583年(天正11)豊臣秀吉の洛中整理で現地に移った。寺地の広さは洛中では東寺・相国寺・妙顕寺につぎ,地方末寺も多く,寺勢の強大さが知れる。江戸初期,住持日奥が幕府の弾圧にも屈せず不受不施の宗義を説き,受不施派の身延山と対立,1630年(寛永7)の身池対論(しんちたいろん)まで不受不施派の拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みょうかくじ【妙覚寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。山号、具足山。1378年日実の開基。日奥が出て不受不施派の根拠地となった。
岡山県岡山市御津にある日蓮宗不受不施派の本山。山号、竜華山。1309年日像の開基。中祖の日奥の時、不受不施主義を主張、徳川幕府によって弾圧された。1876年(明治9)、再興された本派の祖山となった。
千葉県勝浦市興津にある日蓮宗の寺。山号、広栄山。1264年佐久間重貞の建立。開山は日蓮。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の妙覚寺の言及

【日奥】より

…京都町衆の子。10歳のとき,京都日蓮宗十六本山の一つ妙覚寺の住持日典のもとに入門。字は教英,はじめ安国房日甄(につせん),のち安国院また仏性院と号し,日奥と改名。…

※「妙覚寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙覚寺の関連情報