歩を運ぶ(読み)あゆみをはこぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

あゆみ【歩】 を 運(はこ)

① 出かける。わざわざ行く。また、歩行する。
※今昔(1120頃か)四「年老い身羸(つか)れて、歩を運ぶと云へども、其の道堪難(たへがた)し」
※滑稽本・風来六部集(1780)里のをだ巻評「木場の岡釣には太公望も歩(アユミ)をはこび、三十三間堂の大矢数には養由基も汗を流す」
② 神仏などに参詣する。参拝におもむく。
※平家(13C前)一〇「我朝の貴賤上下歩(アユミ)をはこび、〈略〉利生にあづからずといふ事なし」

ほ【歩】 を 運(はこ)

あゆみ進む。出向く。出かける。あゆみをぶ。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「理想を目がけて蝸牛の歩を運び居候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android