歩み(読み)アユミ

デジタル大辞泉 「歩み」の意味・読み・例文・類語

あゆみ【歩み】

あるくこと。歩行。「歩みを止める」「牛の歩み
歩く調子歩調。「歩みをそろえる」「歩みを速める」
物事進行、または進歩発達の過程推移沿革歴史。「近代日本歩み
間隔で並んでいる物のおのおのの中心間の距離。例えば、ねじの山と山との距離など。
和船をこぐ所。また、和船の上部構造部材で、帆柱の受材の所から船尾にかけて渡す2本の並行材。
歩み板2」に同じ。
[類語](1)(2歩行徒歩あんよ/(3歴史来歴由来由緒ゆいしょ縁起沿革変遷道程歴程足跡そくせき年輪いわれ故事因縁来由成り立ちルーツ始まる因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「歩み」の解説

歩み

日本のポピュラー音楽作詞作曲と歌はJ-POPグループ、GReeeeN。2009年発売。通信講座「ユーキャン」のCM起用

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android