コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歪曲遠近法 わいきょくえんきんほう perspective tordue[フランス]

1件 の用語解説(歪曲遠近法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わいきょくえんきんほう【歪曲遠近法 perspective tordue[フランス]】

動物を描く際,身体は側面から見,角や蹄(ひづめ)は正面ないし4分の3正面から見たようにねじ曲げて表す方法をいう。ブルイユによると,この描法は後期旧石器時代のオーリニャック期(ペリゴール文化)の絵画の特色で,ソリュートレ期およびマドレーヌ期の絵画には見られないとされた。しかし,その後の研究によって,マドレーヌ期の絵画,それもアルタミラ洞窟の絵画のような最も進化した段階の動物像にもこの描法が用いられていることがわかり,旧石器時代の絵画全体に普遍的な描法であるとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歪曲遠近法の関連キーワード翼型唐花浮線綾虺竜文側面観側面攻撃夢を描く横矢三蓋笠三蓋松翎毛画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone