コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯槽骨 しそうこつalveolar bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯槽骨
しそうこつ
alveolar bone

上下の顎骨で,それぞれの歯が収まっている部分の骨をいう。歯のセメント質と結ぶ線維によって,歯を歯槽内に固定している。歯がなくなると,その部分の歯槽骨も次第に吸収され,消失する。辺縁性歯周炎では,骨縁が徐々に吸収されるので,歯の弛緩動揺が起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しそう‐こつ〔シサウ‐〕【歯槽骨】

歯根膜を介して歯を支えている顎骨の一部。歯槽突起。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歯槽骨
しそうこつ

歯を取り囲み、歯槽を形成する骨で、歯を支持している。歯が抜かれると吸収され、突起部がなくなり平坦(へいたん)な形となる。歯に一定方向の力を加えると、歯槽骨の吸収・添加が生じ、歯が移動する。歯列矯正治療ではこの原理が応用される。[村井正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

歯槽骨の関連キーワード歯と歯肉のしくみとはたらき歯科用X線装置歯肉炎と歯周炎顎炎(顎骨炎)インプラント歯周ポケット歯槽堤形成術歯肉増殖症顎骨骨髄炎歯牙移植歯の損傷歯周疾患顎骨骨折歯槽膿漏歯ぎしり歯槽骨炎GTR法歯根膜炎歯肉炎口蓋裂

歯槽骨の関連情報