歴仕(読み)れきし

精選版 日本国語大辞典「歴仕」の解説

れき‐し【歴仕】

〘名〙 歴代君主に引き続いて仕えること。歴事
※兎糞録(1913)〈和田垣謙三〉二「戯れにが三総長の下に書記官として仕へたるは彼の数朝に仕せし武内宿穪に似たりと云ふことを述べ」 〔晉書‐李熹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android