死地に陥れて後生く(読み)シチニオトシイレテノチイク

  • しち
  • に 陥(おとしい)れて後(のち)生(い)く
  • 死地
  • 死地(しち)に陥(おとしい)れて後(のち)生(い)く

精選版 日本国語大辞典の解説

自分の軍を一度窮地におとしいれ、兵に必死の覚悟をもたせてから戦えば、活路を見いだすことができる。
※仮名草子・智恵鑑(1660)八「軍法に死地(シチ)におとしいれていき、亡地に投じて存ずといへる道理なり」 〔孫子‐九地〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android