コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死地 シチ

デジタル大辞泉の解説

し‐ち【死地】

死ぬべき場所。死に場所。「死地と定める」
生きて帰れないかもしれない非常に危険な場所。また、そのような状態。「死地に赴く」「死地を脱する」
のがれようのない、せっぱ詰まった立場や状態。窮地。「死地に陥る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しち【死地】

生き延びられる見込みのない危険な場所。 「 -を脱する」
死ぬべき場所。死に場所。 「 -を求める」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

死地の関連キーワード値・地・恥・智・池・治・痴・癡・知・稚・緻・置・致・遅・遲・馳高祖[前漢]天目山の戦死に場所山本常朝大森彦七好んで脱する桶狭間黄興歩歩葉隠項羽刺客平城

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死地の関連情報