コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残積土壌 ざんせきどじょうresidual soil

世界大百科事典 第2版の解説

ざんせきどじょう【残積土壌 residual soil】

固結した岩石から生成した風化物が,ほとんど移動することなくその場にとどまっているものから発達した土壌をいう。移動堆積した材料から発達した運積土壌と対置させて呼ばれる。残積土壌は母岩の特徴を色濃く反映していることが多い。一般に残積土壌は,下方へたどると土壌が由来した基岩の風化物または破砕物をへて,硬い基岩層に行き当たる。ただ日本の山地,丘陵地では,急な傾斜のため,土層は斜面に沿って移動している場合が多いので,土壌がその直下の基岩に由来したかどうかの判断は慎重を要する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android