コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷夫 いんふYin Fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殷夫
いんふ
Yin Fu

[生]宣統1(1909)
[没]1931.2.7.
中国の詩人。浙江省象山県の人。本名は徐柏庭,徐祖華,徐文雄ともいわれる。殷夫は筆名,ほかに徐白,沙菲,洛夫などの筆名がある。 13歳で詩作を始め,15歳で革命の影響を受けて『放足時代的足印』などの詩を書く。 17歳で上海に出,まもなく革命運動に従事しつつ抒情詩の創作を始め,1930年左翼作家連盟の発足とともに参加。雑誌『萌芽』『拓荒者』などに詩,散文を発表したが,国民政府による白色テロにより,柔石胡也頻らとともに虐殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殷夫
いんふ / インフー
(1909?―1931)

中国の詩人。本名徐柏庭。筆名はほかに白莽(パイマン)、任夫(レンフー)、徐白(シュパイ)など。浙江(せっこう/チョーチヤン)省象山県出身。上海(シャンハイ)同済大学を中退。詩作はほとんど1928年から30年の間に集中し、前期の繊美なことばで内面の苦悩を表した叙情詩(『孩児の塔』)から後期の革命的熱情をうたった力強い律動的な詩(組詩『血字』『われらの詩』など)への変化に、彼の生の軌跡をみることができる。青年労働者運動に携わり『摩登(モダン)青年』『列寧(レーニン)青年』を編集、ハンガリーの詩人ペテーフィの翻訳を通じて魯迅(ろじん/ルーシュン)の知己を得た。1931年上海の竜華にて刑死。左連五烈士の一人。[北岡正子]
『今村与志雄訳『中国現代文学選集19』(1962・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

殷夫の関連キーワード6月11日今村与志雄太陽社抒情詩馮鏗革命詩作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android