コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殷夫 いんふ Yin Fu

2件 の用語解説(殷夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殷夫
いんふ
Yin Fu

[生]宣統1(1909)
[没]1931.2.7.
中国の詩人。浙江省象山県の人。本名は徐柏庭,徐祖華,徐文雄ともいわれる。殷夫は筆名,ほかに徐白,沙菲,洛夫などの筆名がある。 13歳で詩作を始め,15歳で革命の影響を受けて『放足時代的足印』などの詩を書く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殷夫
いんふ / インフー
(1909?―1931)

中国の詩人。本名徐柏庭。筆名はほかに白莽(パイマン)、任夫(レンフー)、徐白(シュパイ)など。浙江(せっこう/チョーチヤン)省象山県出身。上海(シャンハイ)同済大学を中退。詩作はほとんど1928年から30年の間に集中し、前期の繊美なことばで内面の苦悩を表した叙情詩(『孩児の塔』)から後期の革命的熱情をうたった力強い律動的な詩(組詩『血字』『われらの詩』など)への変化に、彼の生の軌跡をみることができる。青年労働者運動に携わり『摩登(モダン)青年』『列寧(レーニン)青年』を編集、ハンガリーの詩人ペテーフィの翻訳を通じて魯迅(ろじん/ルーシュン)の知己を得た。1931年上海の竜華にて刑死。左連五烈士の一人。[北岡正子]
『今村与志雄訳『中国現代文学選集19』(1962・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殷夫の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式宣統帝リーマン幾何学エヌ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone