コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒消し売り(読み)どくけしうり

大辞林 第三版の解説

どくけしうり【毒消し売り】

昔、越後の娘たちが紺絣こんがすりの着物に手甲脚絆きやはん姿で全国に毒消しの薬を行商したこと。また、その娘。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒消し売り
どくけしうり

生薬(きぐすり)の「毒消丸(どくけしがん)」を売り歩く女行商人。現在の新潟市西蒲(にしかん)区巻(まき)の海岸地帯の角海(かくみ)浜、五(ご)ヶ浜、角田(かくだ)浜、その他の農村の若い娘たちが、長野、東京、千葉、茨城、遠くは北海道まで足を伸ばして売り歩いた。彼女たちの服装は菅笠(すげがさ)をかぶり紺絣(こんがすり)の着物に前垂(まえだれ)を下げ、手甲(てっこう)、脚半(きゃはん)に草鞋(わらじ)掛けで、背には紺の風呂敷(ふろしき)に包んだ「毒消丸」の行李(こうり)を背負い、独特の売り声で町や村を歩いた。毎年5月に新潟を出て10月末までの長期間行商を行った。この薬の成分は白扁豆(ふじまめ)に硫黄末(いおうまつ)、菊目石(きくめいし)、甘草(かんぞう)、天花粉(てんかふん)を混ぜて粉末にして丸薬としたもので、食あたり、腹痛、常習便秘、じんま疹(しん)に効果があるという。この行商が盛んとなったのは明治中期以降で、のちには「毒消し」のほかに他の薬や化粧品などを顧客のもとめに応じて持ち歩いた。[遠藤 武]
『地方史研究協議会編『日本産業史大系5 中部地方篇』(1960・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android