コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒空木 ドクウツギ

デジタル大辞泉の解説

どく‐うつぎ【毒空木】

ドクウツギ科の落葉低木。近畿以東に自生。高さ約1.5メートル。葉は細長い卵形で、対生。春、黄緑色小花総状につき、実は球形で赤色から黒紫色に熟す。枝・葉・果実に猛毒がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくうつぎ【毒空木】

ドクウツギ科の落葉低木。日当たりのよい山地に自生。高さ1メートル 内外。葉は広披針形で三脈が目立つ。雌雄同株。春、葉に先立ち黄緑色の小花を総状花序につける。果実は球形で赤く、紫黒色に熟し多肉質多汁で甘いが猛毒を含む。イチロベゴロシ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

毒空木 (ドクウツギ)

学名:Coriaria japonica
植物。ドクウツギ科の落葉低木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android