コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利子来 もうり たねき

1件 の用語解説(毛利子来の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利子来 もうり-たねき

1929- 昭和後期-平成時代の小児科医。
昭和4年11月27日生まれ。昭和35年東京原宿で開業。母子保健や保育を歴史的に研究し,47年「現代日本小児保健史」を発表。集団保育,野外保育を原則とした「おひさまの会」を結成,「障害児を普通学級へ・全国連絡会」の世話人もつとめる。千葉県出身。岡山医大(現岡山大)卒。著作に「ひとりひとりのお産と育児の本」「孫をめぐるおとなの作法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛利子来の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛利子来の関連情報