毛利子来(読み)もうり たねき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利子来 もうり-たねき

1929- 昭和後期-平成時代の小児科医。
昭和4年11月27日生まれ。昭和35年東京原宿で開業母子保健保育を歴史的に研究し,47年「現代日本小児保健史」を発表。集団保育,野外保育を原則とした「おひさまの会」を結成,「障害児を普通学級へ・全国連絡会」の世話人もつとめる。千葉県出身。岡山医大(現岡山大)卒。著作に「ひとりひとりのお産育児の本」「をめぐるおとな作法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛利子来の関連情報