コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利空桑 もうり くうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利空桑 もうり-くうそう

1797-1884 江戸後期-明治時代の儒者。
寛政9年1月15日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)常行村の人。脇蘭室,帆足万里(ほあし-ばんり)にまなび,私塾知来館をひらいて熊本藩鶴崎郡代から給米をうける。尊攘(そんじょう)運動家で,長門(ながと)萩藩の大楽(だいらく)源太郎らとまじわった。明治17年12月22日死去。88歳。名は倹。字(あざな)は慎甫。通称は到。著作に「披雲録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛利空桑の関連キーワード大分県大分市鶴崎阿部一行菊池清彦明治時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android