毛受茂左衛門(読み)めんじょう もざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛受茂左衛門 めんじょう-もざえもん

?-1583 織豊時代の武将。
柴田勝家の家臣賤ケ岳(しずがたけ)の戦いでの敗戦に際し,弟家照から退却して母を扶養することをたのまれたが,義をこのむ母の意にそむくとことわり,天正(てんしょう)11年4月21日ともに討ち死にした。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android