毛並(読み)ケナミ

デジタル大辞泉の解説

動物の毛の生えそろっているぐあい。「毛並みの美しい馬」
種類。質。また、俗に、血筋・家柄。「毛並みがいい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 毛がはえそろっているぐあい。毛のはえぐあい。多く、動物の毛に関して用いられる。
※後京極殿鷹三百首(15C後‐16C後)夏「くれなゐの末摘花のけなみさへ落しかねたる夏のとや鷹」
② (その動物の)品種、種類。また、その種類の質のよしあし。人間についてもいう。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「モシ茶見世なぞといふものもおつなもので、まさか私どものちょいと休むにも、毛(ケ)なみを嫌ふわけはないが」
③ 俗に、動物の血統。人間の家柄、血筋のことにもいう。
※落語・手飼の犬(1898)〈四代目柳亭左楽〉「お手飼ひの洋犬(かめ)〈略〉毛並の宜い何十円も仕様と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android