毛並(読み)けなみ

精選版 日本国語大辞典「毛並」の解説

け‐なみ【毛並】

〘名〙
① 毛がはえそろっているぐあい。毛のはえぐあい。多く、動物の毛に関して用いられる。
※後京極殿鷹三百首(15C後‐16C後)夏「くれなゐの末摘花のけなみさへ落しかねたる夏のとや鷹」
② (その動物の)品種、種類。また、その種類の質のよしあし。人間についてもいう。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「モシ茶見世なぞといふものもおつなもので、まさか私どものちょいと休むにも、毛(ケ)なみを嫌ふわけはないが」
③ 俗に、動物の血統。人間の家柄、血筋のことにもいう。
※落語・手飼の犬(1898)〈四代目柳亭左楽〉「お手飼ひの洋犬(かめ)〈略〉毛の宜い何十円も仕様と云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android