コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛馬内 けまない

2件 の用語解説(毛馬内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛馬内
けまない

秋田県北東部,鹿角 (かづの) 市北部にある集落。かつては盛岡藩の代官所がおかれ,商業の中心地でもあった。古風な小店造 (雁木造) の商家が並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛馬内
けまない

秋田県北東部、鹿角(かづの)市の一地区。旧毛馬内町は1955年(昭和30)錦木(にしきぎ)村と合併して十和田(とわだ)町となり、1972年に他の町村と合併して市制施行、鹿角市が成立した。地名はアイヌ語で、ケマ(漁具)、ナイ(谷、川)の意であるという。近世は南部氏盛岡藩領で、南部氏の重臣桜庭(さくらば)氏の小城下町であった。2と7のつく日に行われる朝市は歴史が古い。毛馬内の盆踊は国の重要無形民俗文化財。鹿角リンゴの主産地。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の毛馬内の言及

【鹿角[市]】より

…また野菜類の生産,乳用牛,肉用牛の飼育も多い。近世,花輪,毛馬内(けまない)には盛岡藩の代官所が置かれ,この地方の行政,経済の中心地であった。現在も花輪は市の中心をなし,市役所のほか県庁出先機関も多く,盆地南半部と岩手県二戸郡を商圏としており,また毛馬内は十和田地方の中心をなし,盆地北半部を商圏として商業が盛んである。…

※「毛馬内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛馬内の関連情報