コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主主義の兵器廠 みんしゅしゅぎのへいきしょうarsenal of democracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民主主義の兵器廠
みんしゅしゅぎのへいきしょう
arsenal of democracy

F.ルーズベルトが 1940年にアメリカ外交政策の一つの基調として述べた言葉。アメリカは第2次世界大戦の初めに中立を宣言したものの,戦局が進展するに伴い民主主義擁護を名目に連合国側に対して軍需物資の供給を行なった。ルーズベルト大統領は3選後の 40年 12月 17日に記者会見で武器貸与法の構想を示し,連合国側への援助を一層強化することを明らかにして,同月 29日ラジオを通じて,外交政策の基調はアメリカを戦争から守ると同時に「民主主義の兵器廠」たらしめることにあると言明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

民主主義の兵器廠の関連キーワードルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt)太平洋戦争(第二次世界大戦)軍産複合体四つの自由対外援助炉辺談話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android