コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵器廠 ヘイキショウ

3件 の用語解説(兵器廠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へいき‐しょう〔‐シヤウ〕【兵器×廠】

兵器の購入・保管・支給・修理などを行う機関。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

兵器廠【へいきしょう】

官営の兵器生産工場。造兵廠,工廠などとも。近代国家の形成期に,大量の銃砲,弾薬などを軍隊に補給する経済上,技術上の必要から創設され,資本主義的生産の先導者となった例も多い。
→関連項目官営工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兵器廠
へいきしょう

旧日本陸軍の兵器調達、修理、補給などを担当していた機関。1942年(昭和17)、改称されて陸軍兵器補給廠となる。広くは兵器の生産、修理、調達、補給などにあたる機構について用いる。最近では民間の軍需工場を含めていうこともある。
 日本では官営の本格的な兵器生産機構として1879年(明治12)、陸軍の砲兵工廠が設けられ、1889年には海軍造兵廠が誕生、1903年(明治36)には海軍工廠が設置された。のち23年(大正12)、砲兵工廠が造兵廠となり、その下に工廠、火工廠が置かれた。別に被服本廠、糧抹(りょうまつ)本廠、衛生材料廠、航空本廠などがあって、軍需品の補給を担当した。兵器生産の多くは官営工場でなされたが、航空機生産はほとんどを民間企業に依存していた。だが1940年(昭和15)陸軍航空工廠が設けられ、航空兵器の調達、修理、補給にあたった。海軍は1932年、航空廠を設立している。
 第二次世界大戦の敗北によって、陸海軍が解体され、軍需生産も完全に停止された。だが朝鮮戦争を契機に特需(駐留軍の発注による需要)として軍需生産が始まり、その後自衛隊の増強による需要の増大もあって、防衛産業が形成されるに至った。今日の軍需生産は、すべて民間企業に依存しており、かつてのような官営生産は行われていない。防衛省は研究、調達機関と一部の修理施設をもつだけである。このため最大の軍需生産企業である三菱(みつびし)重工業が「三菱兵器廠」とよばれることもある。[藤井治夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵器廠の関連キーワード官営造兵工廠造兵学造兵司造兵廠砲兵工廠陸軍造兵廠小倉陸軍造兵廠呉海軍工廠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵器廠の関連情報