コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民法改正案要綱 みんぽうかいせいあんようこう

1件 の用語解説(民法改正案要綱の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

民法改正案要綱

婚姻制度の在り方を検討してきた法制審議会は、1996年2月、法務大臣民法改正案要綱を答申し、それに沿って法務省は法案の国会提出を目指した。その要綱の主な内容は、(1)同姓か別姓かを選べる選択的夫婦別姓の導入、(2)女性の結婚最低年齢を満16歳から満18歳へ引き上げる、(3)女性の再婚禁止期間を6カ月から100日に短縮する、(4)5年間以上の別居で離婚を認める、(5)嫡出子と非嫡出子(婚外子)の法定相続分を平等にする、など。しかし、各方面で、家族の一体感を損ね家庭を崩壊させる、といった強い反対意見があり、政府の法案提出は先送りされている。女性議員らを中心に議員立法を目指して改正案等を提出する動きもあるが、2008年1月現在、提出には至っていない。

(吉岡寛 弁護士 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民法改正案要綱の関連キーワード再婚禁止期間審議社会保障審議会法制審議会在り来多面的法制乱婚在り方06年7月の中央教育審議会の答申

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民法改正案要綱の関連情報