コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民田(みんでん)なす

デジタル大辞泉プラスの解説

民田(みんでん)なす

山形県鶴岡市民田地区で生産される小型の丸ナス。実は巾着型、果皮は硬く、果肉は締まりがよく漬物に向く。来歴には諸説あるが、1700年頃から栽培されている伝統野菜。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

民田なす[果菜類]
みんでんなす

東北地方、山形県の地域ブランド。
鶴岡市郊外の民田地区だけで栽培されている伝統野菜。小粒で丸く紺紫色の愛らしいかたちをした小なすである。小ぶりで味が良く、肉質がしまっていて浅漬・からし漬・粕漬けに最適。なすは交雑しやすいため、生産者たちは畑の周辺に他のなす類を一切植えないという原則のもと、種の保存に徹し民田なすを守り育てている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

民田(みんでん)なすの関連キーワード小茄子の芥子漬け

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android