民田(みんでん)なす

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

民田なす[果菜類]
みんでんなす

東北地方、山形県の地域ブランド。
鶴岡市郊外の民田地区だけで栽培されている伝統野菜。小粒で丸く紺紫色の愛らしいかたちをした小なすである。小ぶりで味が良く、肉質がしまっていて浅漬・からし漬・粕漬けに最適。なすは交雑しやすいため、生産者たちは畑の周辺に他のなす類を一切植えないという原則のもと、種の保存に徹し民田なすを守り育てている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android