コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民謡音階 ミンヨウオンカイ

デジタル大辞泉の解説

みんよう‐おんかい〔ミンエウ‐〕【民謡音階】

民謡わらべ歌などに多く用いられる五音音階。洋楽階名のミ・ソ・ラ・シ・レの五つの音からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

民謡音階【みんようおんかい】

日本の伝統的な音階の一つ。民謡,わらべうたなどで中心的に用いられている音階。5音音階で,たとえば,レファソラドレに当たる。二つの〈民謡のテトラコルド〉(たとえば,レファソのように中間音が下から短3度にある完全4度のわく)により構成されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みんようおんかい【民謡音階】

日本の五音音階の一。各音の音程関係は洋楽階名のミ・ソ・ラ・シ・レと同じ形。民謡やわらべ歌などに多く見られる。陽音階。陽旋法。 → 五音音階

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の民謡音階の言及

【音階】より

…田辺は,陰音階による陰旋法基本形をミファラシド,陽音階による陽旋法基本形をレミソラシとした。しかし,日本の音楽全体に通ずる音階の基礎を考える際に最も重要なものは,これまでむしろ軽視されていた民謡の音階で,藤井清水,町田嘉章,下総皖一らの研究により,昭和になってから,民謡音階の理論的性格がしだいに明らかになってきた。こうした民謡(〈わらべうた〉を含む)を,日本音階全体の基礎として,その他の音階の分析や体系化に役だたせようとすれば,だいたい次のように体系づけることができる。…

※「民謡音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民謡音階の関連キーワード5音音階島うた蛍の光陽旋法

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android