コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

5音音階 ごおんおんかいpentatonic scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

5音音階
ごおんおんかい
pentatonic scale

音楽用語。1オクターブのなかに,5つの異なる音を含む音階。5音の配列法により,種類もきわめて多い。3つの全音程と2つの短3度によってできる全音階的5音音階が最も一般的であるが,このほかに半音程を含む半音階的な5音音階などがある。5音音階は日本,中国,朝鮮をはじめ,アフリカポリネシアなどに多く分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

5音音階【ごおんおんかい】

音階が5音からなるもの。ペンタトニック・スケールpentatonic scaleの訳語。世界各地にみられ,日本の都節音階民謡音階律音階などもこれにあたる。
→関連項目音階

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごおんおんかい【5音音階】

1オクターブの音域に対して五つの音をもつ音階の総称。ペンタトニック・スケールpentatonic scaleの訳語。東アジアでは古代中国以来,五声(宮・商・角・徴・羽)という用語で知られるドレミソラの音階が理論的に基本とされる。この音階は長音階の第4音と第7音が欠けているという理由で〈ヨナ抜き音階〉とも呼ばれるが,西洋中心の便宜的な俗称にすぎない。しかもこの半音なしのいわゆる陽音階(田舎節(いなかぶし))が5音音階の代表として一つのものと考えられがちであるが,いくつかのタイプが区別され,アジア各地,ヨーロッパ周辺部,アメリカ・インディアン等の音楽の特徴となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の5音音階の言及

【音階】より

…バッハその他によって19世紀末から20世紀にかけて試みられている4分音や6分音(全音を4等分または6等分したもの)など,半音よりさらに狭い音程を含む音階は微分音階と呼ばれる。そのほかヨーロッパの諸民族にはなおいろいろの音階があるが,スコットランドなどにみられる5音音階(ペンタトニックpentatonic,図7)や増音程によって特性のあるジプシー音階(図8)は,芸術音楽にも取り入れられている。音律[西洋]【渡 鏡子】
【東洋】

[音階にあたる用語]
 諸民族それぞれの伝統にしたがって多種多様の音階が用いられており,東洋諸国の大部分ではそれを体系化しようとする理論を持っている。…

※「5音音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

5音音階の関連キーワードアメリカ・インディアンテンプル・ブロックスコットランド音楽アイルランド音楽エスキモー音楽エチオピア音楽モンゴル音楽テトラコード印象主義音楽ベトナム音楽ドビュッシーアイヌ音楽清瀬 保二インカ音楽近代和声陳暘楽書蛍の光ペロッ五音旋法

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

5音音階の関連情報