コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気管・気管支異物 きかんきかんしいぶつ

1件 の用語解説(気管・気管支異物の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きかんきかんしいぶつ【気管・気管支異物】

 1~3歳の子どもは、口に物を入れたままで、転ぶ、泣く、笑うなどしたときに、口に入れているものが、気管に吸い込まれることがあります。
 症状 激しいせきと呼吸困難が特徴です。
 しばらくするとせきがおさまって、無症状になりますが、またせき、喘鳴(ぜんめい)が始まり、「ぜんそく」として治療されていることもあります。
 原因 吸い込む物でいちばん多いのはピーナッツ、大豆、カシューナッツなどの豆類です。
 5歳を過ぎるとおもちゃの破片やピストルの玉などが多くなります。
 予防 ものを食べるときには座ってお行儀よく食べるようにしつけましょう。
 乳幼児のいる家庭ではピーナッツなどの豆類は食べない、置かないことがたいせつです。
 事故に気づいたときは、救急車の出動を要請し、早く手当を受けることが必要です(「のどに物がつまったとき(気道内異物)の手当」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

気管・気管支異物の関連キーワード魂を入れ替える土足ビネーの定式(精神医学)プロフェタの法則難病の子ども子どもの医療費助成生活保護の母子加算子ども手当と配偶者控除浜松市子ども育成条例子ども手当・高校無償化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone