気-固相反応器(読み)キコソウハンノウキ

化学辞典 第2版の解説

気-固相反応器
キコソウハンノウキ
gas-solid reactor

気体と固体とを接触させて反応を行わせる反応器のこと.回分操作形式と連続操作形式の反応器がある.後者には,溶鉱炉,ガス発生炉など固定層形式のもの,重力により固体粒子を降下させていく移動層形式のもの,セメントロータリーキルン型焼成炉など回転形式のもの,硫化鉱の燃焼に用いられるヘレショフ炉など段塔形式のもの,さらには流体の流速によって粉粒体を流動化させる流動層形式,粉粒体を吹き飛ばしながら反応を行う輸送形式のものなどがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android