コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉粒体 ふんりゅうたい particulate material

1件 の用語解説(粉粒体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふんりゅうたい【粉粒体 particulate material】

粉体と粒体のこと。粉体とは微細な固体粒子の集合体であり,粒体とは比較的粗い固体粒子の集合体である。粉体と粒体の明確な区別は存在しないが,1mm近辺を境としてそれより細かいものを粉体,粗いものを粒体と呼ぶ場合が多い。また両者を合わせて広い意味で粉体と呼ぶこともある。 われわれの日常生活は粉粒体と深いかかわりをもっている。穀物や,小麦粉のようにこれを粉砕したもの,土,砂,砂利,セメント,石炭,鉱石,煤塵,火山灰,薬品など,数えれば際限がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粉粒体の関連キーワード遠心分離スラリー界面分散系粉体粉体爆発空気分級比表面積ろ(濾)過ヴルフの定理

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉粒体の関連情報